« 2019年8月 | メイン

2019年9月

2019年9月17日 (火)

「大刀洗飛行場100年公演」稽古初日

読み合わせをして、それぞれのキャラ背景などを解説。

みんなが最初の観客でもあるので、質問がないかも聞く。そして、それぞれの質問について「役者が実際に演じれば、ちゃんと伝わる事」なのか「脚本に書き足りてない事」なのかをチェック。917_1

今回は、「演劇ユニットそめごころ所属の田島宏人君」が客演として登場。初ギンギラなので、大刀洗の歴史とあわせて、ギンギラについても話す。演じてもらうのが楽しみ。

917_2

2019年9月16日 (月)

大刀洗の「飛行場の門柱跡」が主役。ほぼ新作に!

「翼をくださいっ!さらばYS11」という空を題材にした芝居を作った事がキッカケで、「九州で作られていた幻の戦闘機」を知り、スピンオフ的な「幻の翼 震電」が生まれた。

そして今回は、大刀洗飛行場の100年という事で、大幅に書き直して「震電が登場する場面」以外は、ほぼ新作となった。

さらに「翼をくださいっ!の名場面」も合体させたので、「空のモノ語りの集大成」になったなと。

ここまで書き変わるとは自分でも驚いているが、「大刀洗の取材で出会ったモノ語り」が、大きな原動力になったのだと思う。

明日の稽古開始を前に、書き上げて大満足。

大刀洗資料の一部。いつも通り、取材で「実際に出会った印象」を大切にしつつ、手に入る資料はすべて目を通している。

916

2019年9月 7日 (土)

リラックスから切り替え

 恒例の大宰府へ。梅ヶ枝餅でホッと一息。公演が無事終わった開放感もあってすっかりリラックス。

お参りは、まず「公演が大好評だったこと」を報告してから「大刀洗の脚本追い込み」への決意表明。ここでいつも「リラックスから次への決意」に切り替えているのだ。

97_1

97_2

大刀洗は、7月ライブと平行して「取材、書き直し」を続けていたが、ライブも終わったので一気に仕上げる作戦。

2019年9月 5日 (木)

ライブ終了!

 公演当初はまだあったチケットも、口コミのおかげで売り切れに。最終日の2回も、全て完売。

終演後のお見送りでは「面白かったから、もう一度観に来たよ」との声もあり嬉しかった。

ライブは、いつも以上に「お客様と一緒に盛り上がっていく感じ」が楽しい。

今回のラストシーン。イムズマンと一緒に「あのビル」が登場!

95_1

公演後は、そのまま打ち上げへ。

95_2

ここにもあのビルが!(笑)

95_3

2019年9月 3日 (火)

ライブ絶賛上演中!

連日、大好評で上演中です!

平成元年に誕生した「ソラリア」「ユーテク」「イムズ」。

イムズの解体も決まり、ソラリアを残すのみと。

Photo

ライブで誕生した「乙女ビルトリオ」。

今回もカワイイと大人気。

Photo_2

イムズマンも新曲を熱唱!

Photo_4

天神に出店した当初は苦戦していた「ヤング大丸」も登場。

Pg

※チケットの販売延長について

会場での販売はありませんが、「公演当日の開場時間まで」セブンイレブン・チケットぴあで購入ができるように延長しました。大好評の今回のライブをお見逃しなく!

大塚ムネトの不定期日記