« 2020年3月 | メイン

2020年10月

2020年10月27日 (火)

ホームグラウンド

劇場では、客席にテーブルを置いて演出席を作っている。おなじみの眺め。

Photo_8



ゲネの様子。机の左端に見えているのは衣装の帽子。演出として見ながらの出演なので、
横に衣装を並べているのだ。「舞台と演出席を行ったり来たり」も、おなじみの眺め。

Photo_9

2020年10月26日 (月)

街もギンギラも動く

すっかり工事用フェンスに包まれたコア。

Photo

誕生当時は高さを誇った福ビルも解体。

Photo_2

イムズの開き直った広告が楽しい。
来年の営業終了時には、ぜひギンギラで感謝の芝居を作りたいなと。

Photo_3

一階ショーウィンドウを見ながら、
「大変な日々が続いているが、街は動いている。ギンギラも動き出すのだ。」

と決意。

Photo_4

西鉄ホールがある6階までのエレベーターからの眺め。
知らない人が見たら同じビルと思うだろうなぁ・・・。

この眺めが、ビッグバンでどう変わるだろうか。

Photo_5

2020年10月21日 (水)

大阪版ギンギラの映像公開

大阪で、イケフェスという「歴史的な建物を紹介するイベント」が毎年開催されている。

ギンギラも過去に参加していて「大阪ガスビル」「中央公会堂」「芝川ビル」「御堂筋」などを紹介する短編を作ってきた。

今年のイケフェスでは、2017年に大阪で上演した「芝川ビル」の映像が公開。芝居と実景を組み合わせた凝った編集となっているので、ぜひ見てほしい。

芝川ビル「建物語」

2020年10月18日 (日)

「岡部平太物語」 いよいよ西鉄ホール公演!

様々な感染対策をした上での「直方公演」「糸島公演」が、何事もなく無事終了した。この「何事もなく無事終わった」というのが、本当に嬉しい。

西鉄ホールでも、舞台と客席の間隔をとって、途中の換気、間をあけた座席設定と、しっかり対策をして上演することになっている。

キャストが客席に乱入したりなど、「いつものギンギラ」はまだまだ先のことだが、活動再開できたことがなにより。なんとか踏ん張って活動を続けていくのだ。

○岡部平太物語特設サイト 

公演情報だけでなく、これまでの新聞記事の紹介もあります。

Photo

大塚ムネトの不定期日記