2019年9月17日 (火)

「大刀洗飛行場100年公演」稽古初日

読み合わせをして、それぞれのキャラ背景などを解説。

みんなが最初の観客でもあるので、質問がないかも聞く。そして、それぞれの質問について「役者が実際に演じれば、ちゃんと伝わる事」なのか「脚本に書き足りてない事」なのかをチェック。917_1

今回は、「演劇ユニットそめごころ所属の田島宏人君」が客演として登場。初ギンギラなので、大刀洗の歴史とあわせて、ギンギラについても話す。演じてもらうのが楽しみ。

917_2

2019年9月16日 (月)

大刀洗の「飛行場の門柱跡」が主役。ほぼ新作に!

「翼をくださいっ!さらばYS11」という空を題材にした芝居を作った事がキッカケで、「九州で作られていた幻の戦闘機」を知り、スピンオフ的な「幻の翼 震電」が生まれた。

そして今回は、大刀洗飛行場の100年という事で、大幅に書き直して「震電が登場する場面」以外は、ほぼ新作となった。

さらに「翼をくださいっ!の名場面」も合体させたので、「空のモノ語りの集大成」になったなと。

ここまで書き変わるとは自分でも驚いているが、「大刀洗の取材で出会ったモノ語り」が、大きな原動力になったのだと思う。

明日の稽古開始を前に、書き上げて大満足。

大刀洗資料の一部。いつも通り、取材で「実際に出会った印象」を大切にしつつ、手に入る資料はすべて目を通している。

916

2019年9月 7日 (土)

リラックスから切り替え

 恒例の大宰府へ。梅ヶ枝餅でホッと一息。公演が無事終わった開放感もあってすっかりリラックス。

お参りは、まず「公演が大好評だったこと」を報告してから「大刀洗の脚本追い込み」への決意表明。ここでいつも「リラックスから次への決意」に切り替えているのだ。

97_1

97_2

大刀洗は、7月ライブと平行して「取材、書き直し」を続けていたが、ライブも終わったので一気に仕上げる作戦。

2019年9月 5日 (木)

ライブ終了!

 公演当初はまだあったチケットも、口コミのおかげで売り切れに。最終日の2回も、全て完売。

終演後のお見送りでは「面白かったから、もう一度観に来たよ」との声もあり嬉しかった。

ライブは、いつも以上に「お客様と一緒に盛り上がっていく感じ」が楽しい。

今回のラストシーン。イムズマンと一緒に「あのビル」が登場!

95_1

公演後は、そのまま打ち上げへ。

95_2

ここにもあのビルが!(笑)

95_3

2019年9月 3日 (火)

ライブ絶賛上演中!

連日、大好評で上演中です!

平成元年に誕生した「ソラリア」「ユーテク」「イムズ」。

イムズの解体も決まり、ソラリアを残すのみと。

Photo

ライブで誕生した「乙女ビルトリオ」。

今回もカワイイと大人気。

Photo_2

イムズマンも新曲を熱唱!

Photo_4

天神に出店した当初は苦戦していた「ヤング大丸」も登場。

Pg

※チケットの販売延長について

会場での販売はありませんが、「公演当日の開場時間まで」セブンイレブン・チケットぴあで購入ができるように延長しました。大好評の今回のライブをお見逃しなく!

2019年8月16日 (金)

博多ネタも上演&9月ライブの中身をちょっと紹介!

天神ビッグバンを題材にしているが、毎回「ライバルの博多ネタ」も入れるようにしている。今回は、博多再開発計画「博多コネクティッド」を題材にした短編が登場。

今日の稽古より「博多キャラ」の決めポーズ。それぞれ何のキャラかは本番のお楽しみということで。

816

ここで、今回のライブで上演する演目についてちょっと紹介!

○短編その1「われら平成元年トリオ」

平成元年に誕生したユーテク、ソラリア、イムズ。しかしユーテクはあっという間に消えて、イムズもまさかの解体を発表。残ったソラリアは決意を新たにするのであった。

○短編その2「乙女ビルはつらいよ」

人気乙女ビルトリオ「天神コア」「パルコ」「エルガーラ」が登場し、最新の天神事情を紹介。

○短編その3「博多コネクティッドとは」

天神に対抗して博多でも発表された再開発計画。果たして博多はどうなるのか?

○短編その4「イムズマンと愛眼ビルの新曲披露」

7月公演で解体を熱く歌い好評だったイムズマン。9月ライブでは「イムズマンと愛眼ビル」の新曲を発表!

○短編その5「ソラリア誕生モノ語り」

毎回恒例の「アンコールコーナー」は、2011年に上演した「ソラリア誕生モノ語り」が登場。昭和の福博キャラによる「ソラリア誕生」のモノ語り。

2019年8月14日 (水)

大刀洗の追加取材

10月に大刀洗町で開催される「大刀洗飛行場100年イベント」にギンギラが登場する。上演するのは「幻の翼 震電」。今回は、実際に飛行場があった大刀洗町での上演なので、「大刀洗飛行場の場面」を増やすことにした。今日は朝から大刀洗町の追加取材。

門柱の跡。当時は道路の両側にあったが、片方は今はない。一説では、3月の大空襲でなくなったとか。

814_1

空襲時の衝撃で開いた穴。

814_2

公園にある菊池武光の銅像。戦意高揚に利用されたので、金属供出を免れたとのこと。

814_3

銅像の裏に回ると、空襲で飛び散った破片で開いた穴が。「表側は勇ましいが、裏は空襲の跡で痛々しい」というのが、戦争をモノ語っているなと。

814_4

隣の筑前町にある慰霊碑。

814_5

当時は時計台だった。東洋一の大きさと言われた飛行場なので、大刀洗町、筑前町、朝倉市にまたがっている。

814_6

2019年8月 9日 (金)

福ビル&劇場のサイズはヒモで確認

 稽古前に天神の福ビルを見に行く。入口にはビッグバンを説明する大きな看板があった。戦後の天神発展の中心だった福ビルが、天神ビッグバンの主役として復活する。楽しみだ。

89_1

今日は稽古についてちょっと紹介。上演で使う天神劇場は、中央にセリがあり、奥は2段舞台と色々な使い方ができる。稽古場では「セリ、階段などの各サイズを測ったヒモ」を床に仮止めして、位置の確認をしている。

巻いて収納しているヒモをひろげて、テープの色や結び目ごとに床に仮止めすると、あっという間に舞台サイズが完成。

89_2_2

89_3

舞台中央のセリ部分は、奥からの距離をヒモでつなぐことで、計る必要がない。

89_4_2

天神劇場の他に西鉄ホールサイズのヒモセットもある。ちなみにヒモセットを作ったのは福澤さん。

今日の稽古は、ソラリアが誕生した時を描いた短編の稽古。「そしてソラリアは残った・・・」と言うタイトルなので、しっかりソラリアについてモノ語るのだ。

89_5

89_6

2019年8月 6日 (火)

9月公演のプレゼントバッジ発表!

7月公演で好評だった「解体への思いを熱く歌ったイムズマン」をデザインしました。9月ライブでは「イムズマンと愛眼ビルの新曲」が登場予定ですので、お楽しみに!

Hp

●ギンギラ太陽’s+チケットぴあ 協力企画

天神ビッグ・バン!バン!バン!bom.5「そしてソラリアは残った・・・」

華々しく誕生した平成元年トリオ。しかしユーテクはすぐに消え、イムズもまさかの建て替えが決定。ただ1ビル残るソラリアは、天神の発展を心に誓うのであった・・・。大好評の最新短編集シリーズです!

●日時

9/ 2(月)18時半 20時半     

     3(火)18時半 20時半     

     4(水)18時半 20時半     

     5(木)14時  18時半

   ※開場は30分前です。 

●料金 

3,000円(税込)ギンギラ特製バッジ付き。  

※ギンギラ特製バッジは、当日会場にてお渡しします。  

※全席自由です。  

※未就学児童の入場はご遠慮ください。  

※当日券の発売はありません。前日までにお買い求めください。

●チケット一般発売 

8/3(土)10:00〜

【WEB】http://w.pia.jp/t/gingira/

【店頭】セブン-イレブン、チケットぴあSPOT(Pコード:495-858)

【TEL】 0570-02-9999

※問い合わせ 天神劇場092−725−2558

2019年8月 5日 (月)

公演前後は太宰府へ

 「7月公演が無事終わった事」と「9月の稽古が始まった事」を報告に太宰府天満宮へ。夏は19時半までお参りできるので、平日18時過ぎに行くとゆっくり散策できる(ただしお店は全て閉まっているが)。20年以上続いている「大切な習慣」。

天神様は、いつ行っても癒される大切なパワースポット。

85_1

85_2

喉やら鼻やら、さらに痛めてしまった左肩も。願いを込めて。

85_3

85_4

大塚ムネトの不定期日記