2019年4月25日 (木)

大人数の稽古は楽しい

 今日は、最初の見せ場「大人数の殺陣場面」と、中盤の見せ場「歌って踊る女優陣(今回も、楽しく歌って踊りますよ!)」の稽古。

251

253

254

大人数の稽古は楽しい。

2019年4月22日 (月)

「からだの不思議」を悲しむ54歳

 今日は朝から整形外科へ。

ここ数ヶ月、左肩が痛かったのだが、脚本が終わるまではと我慢していたのだ。幸いレントゲンにも異常はなく、筋肉の疲労だろうとのこと。

体は老いていく年齢なのに、筋肉をつけようとするのがバランスを崩す原因らしい。「体力を落とすまい」と始めた運動で、体をこわすとは、なんとも切ない。

花粉症が治ったと言われたのは、もしかしたら老化だろうか?

うれしかなしな54歳。

2019年4月19日 (金)

「最初の見せ場」

稽古3回目で早くも「最初の見せ場」作り。

今回は「任侠映画な世界」なので、いくつか殺陣シーンがある。今日は「西鉄バス軍団と地下鉄が戦う場面」をほぼ作り上げた。 バスと地下鉄という乗り物が「任侠映画な世界」で大暴れする、まさにギンギラらしい楽しいオープニングができたよ!

稽古が順調でなにより。

2019年4月16日 (火)

いよいよ稽古開始!

 今日から7月公演の稽古開始。

ガラパに出演中のヒデさんは欠席で、あとは全員集合。今回は仲谷座長率いるショーマンシップにも参加してもらっているので、全13人と大所帯。

もちろん、脚本は書き上げたよ!自分で自分を褒めます(キッパリ)。

さっそく全員で読み合わせ。いつも書く事だけど、初めて読む役者達の反応は、お客様の反応に近い。だから、大盛り上がりでの読み合わせに大満足。

Photo

チラシも完成し、先行予約のお知らせはGW前に着く予定。今回もにぎやかなチラシになっているのでお楽しみに!

2019年4月11日 (木)

「からだの不思議」を喜ぶ54歳

 今日で54歳。

しかし「誕生日のお祝いモード」ではなく、「脚本追い込みの戦闘モード」。16日からの稽古スタートに向けて、「初日に脚本を全て持っていくのだ」と奮闘中。後は「最後の戦いのまとめ」なので、きっと間に合うと思う。いや、間に合わせてみせる!

・・・ところで、今年は思ってもいなかったプレゼントがあった。

なんと花粉症が治ってしまったのだ!

ウソみたいな話だが、血液検査をした病院で「アレルギー反応は出ていない」と言われたのだから信じるしかない。

思いあたる事があるとすれば、3年前から定期的な運動を始めて、タンパク質の摂取量に気をつけるようになったことぐらいだが・・・うーん、関係あるんだろうか?

ちなみに運動のキッカケは、2016年に上演した「チョコレーツ・オブ・チロリアン」。公演の殺陣シーンでヘトヘトになり「体力不足を痛感」し、さらに「タオルを入れなくても着物が似合う、メタボ腹になっていたこと」に衝撃を受けて、自宅での筋トレとテニスを始めたのだった。

・・・でも、本当に治ったのかなとやっぱり思ってしまう。だって10年ぐらい苦しんでたし。

まあ最高のプレゼントなのは間違いないのだけどねぇ。

2019年3月14日 (木)

最終回の構成&キャラ撮影

14時から、3月最終週に公開予定の「福岡天神モノ語り 最終回」の記事構成。

いつものように西日本新聞本社の会議室で、担当の福間記者とあれこれ話す。ギンギラの芝居作りは「取材の積み重ねから」なので、同業者と喋っているようで心地良い。お互い取材でつかんだ情報を共有しながら記事構成。

年末に「何かqBizで出来れば」との相談を受けたのがキッカケで始まった連載も、いよいよ最終回。平成の福岡経済史だけでなく、ギンギラの歴史も振り返る企画になったなと。

今回は最終回なので、天神交差点ゆかりのキャラにも登場してもらっている。福澤さん、ヒデさん、宗さんにも来てもらい、キャラに着替えて天神に移動。途中一般の方との記念撮影もしながら、最終回用の撮影。キャラで街に飛び出すのは楽しい。

141天神交差点で福間記者と一緒に。全8回お疲れでした!

142 天神ビルと、元々あった時計台が自慢の「九州電灯鉄道」。

143 本館売却で、一時は明かりが消えていた交差点に、パルコが賑わいを呼び戻した。

144

ビッグバンで脇役だったが、「驚きの建て替え発表」で再び主役の仲間入りに!

福岡天神モノ語り 最終回「すべては「天神交差点」から始まった」

http://qbiz.jp/article/150504/1/

※qBizは3月いっぱいで終了となりますのでお見逃しなく!

2019年3月 5日 (火)

福岡流通戦争モノ語り 第6回公開!

今回は「ギンギラの試練、百貨店不況と福岡沖地震」と題して、

「流通戦争から始まったギンギラ世界のひろがり」「地震での公演中止がキッカケの全国展開」

について語っている。

振りかえると一本道だが、進む途中には様々な分岐点があった。

「ピンチをチャンスにするのだ」と、踏ん張ってきたギンギラの歴史。

福岡流通戦争モノ語り 第6回 

1_2

2019年2月20日 (水)

福岡流通戦争モノ語り 第5回公開!

qBiz西日本新聞経済電子版で連載中の「福岡流通戦争モノ語り」第5回目が本日から公開。

今回は、「中洲の玉屋さん」と「ソラリア計画」について。

この連載は「平成の福岡流通史」だけでなく、「ギンギラの歩み」も振り返っている。

今回は、西鉄ホールに進出するきっかけとなったエピソードと、舞台の様子についても語らせてもらった。

公開ページを読んで、改めてギンギラは経済面がよく似合うなぁと。

Photo

西鉄ホールでの記念すべき第1回目の公演ポスター。

この公演から、西鉄ホールがギンギラのホームグラウンドに。

福岡流通戦争モノ語り 第5回 http://qbiz.jp/article/148943/1/

2019年2月17日 (日)

「選挙でGO」千秋楽

初日に続いて千秋楽のゲスト出演。

ある村を舞台にした選挙の芝居で、最後は「実際に観客が村民として投票」し、

その結果によってラストシーンが変わるという仕掛け。「観客を巻き込むライブな場面」と

「作り込んだ芝居の場面」の構成が楽しい。

さらに映像や、日替わりゲストのコーナーなどもあり、

この何でもありのにぎやかさをお客様も楽しんでくれていた。

仲谷座長のイメージした「ショーマン流のにわか芝居」になっていたなぁと。

Photo

開演前の楽屋にて。全員が白で統一した衣装で登場。

17_2村長役の仲谷座長と。

お互いに客演したり、合作したりと、芝居を作る上で

とてもいい刺激になっている。

3

終演後の集合画像。

「イムズ建て替えについて」の天神最新ネタを上演と、存分にやらせてもらったよ。

7月のギンギラ公演にも、このネタは登場するかな。

2019年2月 7日 (木)

qBiz西日本新聞経済電子版にて「福岡流通戦争モノ語り」好評連載中!

 qBiz西日本新聞経済電子版で、新聞記事と、ボクの取材をあわせた平成さよなら企画「福岡流通モノ語り」を連載中!

ギンギラは、平成元年に誕生した「イムズ・ソラリア・ユーテク」のモノ語りから始まったので、平成の流通戦争を振り返るのにちょうどいいのだ!

ちなみに今日は、掲載用の画像撮影。毎回、「かぶりモノを現場に持っていって撮影」している。


ゲイツ前で、川端になって、玉屋とゲイツのかぶりモノ撮影。

27_1_2


福岡空港では、YSさんに。

27_2_2

博多駅前ではターミナルに。

27_3_2

撮影しているのは、qBiz担当の福間記者。

彼から「平成最後に何かしませんか」と提案を受けて、この企画が実現。

毎回2人で現場に行って撮影し、テーマに関する記事を元に2人で喋ってページを作っている。

閲覧無料ページなので、ぜひご覧ください!

最新号は、第4回 「苦労の果てにつかんだ幸せ マダム大丸」。

http://qbiz.jp/article/148234/1/

大塚ムネトの不定期日記